本文へスキップ

野木町観光協会へ

電話でのお問い合わせは0280-57-4153

〒329-0195 栃木県下都賀郡野木町大字丸林571

イベント情報一覧real estate


2019年

  • 10回のぎの楽市“えんにち”開催(2019/03/14掲載) 
       
       
     3月10日(日) 野木駅西口富士見公園で“のぎの楽市「えんにち」”が開催されました.気がかりだった天気も朝から好天気に恵まれ、各種イベント(仮装コンテスト,ステージパフォーマンス,手作りお化け屋敷,フリーマーケット,模擬店等)が催され,特に“手作りお化け屋敷”は沢山の親子ずれが訪れ,大好評でした.仮装コンテストでは近くの幼稚園児による甲冑行列列,小学生の手作り神輿などが参加し,盛り上がりました.ステージでは三味線,ダンス,大道芸などに大きな拍手で盛り上がり,また,会場周辺の子供向けの懐かしい遊び,模擬店の飲み物や食べ物,フリーマーケットも賑わっておりました.
          
  • 群馬県太田市大泉町へ視察研修実施(2019/02/07掲載) 
       
       2月6日(水),群馬県太田市・大泉町へ視察研修を行いました!
    観光協会会員29名が参加し,太田市にあるコーヒー工場「AGF関東」の見学を行ったほか,“ブラジルタウン”大泉町では大泉町観光協会を表敬訪問し,観光事業に関する取り組みの紹介や町内観光ガイドを行っていただきました.野木町観光協会では,今回の視察研修の経験を活かし,皆様に対する更なる“おもてなし”の実践に努めてまいります.
  • ”のぎめし”に認定された”ひまわりカレー”のお披露目会の開催 
       
    2019年1月15日,野木町商工会にて,ご当地グルメ“のぎめし”の第3弾お披露目会が開催され,カレーハウス(野木町丸林)が提供する“ひまわりカレー”(税込み800円)が新たに8品目の“のぎめし”として認定されました.近日中に“お店・のぎめし”のページに詳細を掲載します. 

    2018年

  • 提灯もみが行われました(2018/12/11掲載) 
       
    12月3日(月)野木神社において,竹ざおに付けた提灯を威勢良くぶつけ合う恒例の“提灯もみ”が行われました.当日はNHKのほかテレビ東京や下野新聞等の多くのメディアが詰めかける中,17時から神楽の奉納,19時より打ち上げ花火を合図に町内の小学生達が相手の提灯の火を消そうと“ガツン,ガツン”と勇壮な音を響かせながら,竹竿を激しくぶつけ合い,見物客からは感嘆の声が上がり,境内は熱気で溢れていました. 
          
  • 煉瓦窯冬フェスタ開催(2018/12/09掲載) 
       
       
    12月8日(土)第3回煉瓦窯冬フェスタが野木町煉瓦窯とホフマン館で開催され,夕方5時半からイルミネーションの点灯式が真瀬野木町長出席して行われ,夕闇にイルミネーションがまばゆいばかりに光り輝きました.アトラクションとして野木町観光大使で熱気球パイロットの藤田雄大氏の指導で,ナイトグローの共演が行われ,訪れた人の歓声が夜空に響き,近づくとグローの熱が直接肌に伝わり,参加している一体感を感じました.イルミネーションは来年2月17日まで毎日夕方5時半から8時まで楽しめます.
  • 野木駅のイルミネーション(2018/11/25掲載) 
    西口ロータリー(下の画像をクリックすると大きくなります) 
     
     
    東口ロータリー (下の画像をクリックすると大きくなります)
     
     
    今年も野木駅の東西ロータリーに11月22日(木)18:00から約8万球のLEDライトで彩られたイルミネーションが点灯しました.今年度は来年2月17日(日)まで毎日17:00〜24:00の間,観ることができます.
  • 第41回産業祭の開催(2018/11/12掲載) 
    11月11日(日)に野木町のエニスホールで開催.地産地消を目的として野木町で生産されている農産物,工業製品等が展示され,多くの人でごった返していました.パフォーマンスも子供が喜ぶものもたくさんあり,老若男女が楽しい一日を過ごしていました.その中で無料配布には時間前から多くの人が並び,手に取ると皆頬を緩ませていました.
  • のぎ観光コンシェルジュ視察研修の開催(2018/10/19掲載) 
       
     当協会では,町内を訪ねられた観光客の皆様に,野木町の情報や魅力を体感を知っていただくために町内観光ガイドや各種おもてなしを実施しております.このたび,10月16日(火)に観光ガイドやおもてなしのスキルアップを図るため,江戸東京博物館及びフラワーカーペット晴海2018を視察しました.今後も,当協会では,野木町を満喫していただくための各種研修を開催し,観光おもてなし人材の育成を積極的に取り組んでまいります.野木町にお立ち寄りになられる際には,是非,観光協会までお問い合わせください.野木町の旬の観光情報や観光ガイドのご案内をさせていただきます.
  • 軽トラ市の開催(2018/10/15掲載) 
       
       2018年10月14日(日)野木町役場内にて今年で7回目を迎えたスー爺サンタの軽トラ市が開催されました.朝よりプレミアム商品券の購入希望者の大行列と平行して,役場駐車場内では町内商店会等による唐揚げやステーキ丼,やきそばをはじめ,トマトやメロン,梨,お米などの地元農産物を早速プレミアム商品券で購入する人や,お目当ての地場生産品を求めて訪れた人々で大盛況でした.
  • 明治150年記念〜れんがまつり〜(2018/10/09掲載) 
    201810/06(土),07(日)の2日間野木町煉瓦窯で開催され,天候に恵まれ,煉瓦窯の見学も含め,大変な賑わいでした.野木神社の神楽の一つである五行の舞のオープニングで始まり,北翔大学の水野教授による煉瓦窯に関する基調講演,鈴木杏奈ちゃんも参加した国際色豊かな公募モデルによる明治から昭和の時代の変遷を垣間見る着物ショー等があり,2日目は5回目を迎えた煉瓦窯deマルシェ,野外音楽フェスが開かれました.野木町在住の音楽家飯島ご夫妻並びにご子息による弦楽トリオの演奏が早朝の煉瓦窯に心地よく響いていました.煉瓦窯deマルシェはテーマごとにエリアが決まっており,足を運びやすく,終日各エリアとも混雑していました.
          
  • 第24回手作りカントリーマーケット開催(2018/09/20掲載) 
       
       
     9月19日(水),エニスホールでハンドメイドの作品を対面販売する “カントリーマーケット”が開催されました.今回で24回を迎えた本イベントは2006年に始まり,毎年3月と9月の年2回開かれています.手作りアクセサリー,カゴ,木製家具,人形,バッグ並びにパン等のバラエティに富んだ出店で,いずれも暖かみのある作品が並び,好みの作品を探すのが毎回楽しみです.リピーターも多く,毎回,オープンから混雑するほど大盛況です.
         
  • 第9回のぎの楽市〜ビールまつり〜(2018/09/01掲載) 
       
       
     9月1日(土)に今年もビールまつりが開かれました.天候が心配でしたが,始まる頃は太陽も覗き,心地よい気温での来場者の喉を通るビールが大変おいしそうでした.会場は多くの人で賑わい,ハワイアンの演奏,アフリカンダンスや大道芸等を鑑賞したり,友人同士のおしゃべりで終演まで盛り上がっていました.
  • 第9回野木町ふれあい夏祭り(2018/08/27掲載) 
       
       
    8月25日(土)公民館前広場で,今年で9回目を迎えた“野木町ふれあい夏祭り”が開催されました.日中は焼けるような猛暑でしたが,日も沈み,お祭りを楽しみにした方々が集まる頃には涼しさも感じられるようになりました.祭りを盛り上げる櫓太鼓のお囃子が始まり,イベントがスタートしました.中学生による吹奏楽によりる演奏,津軽三味線,フラダンス等が催され,観客からは大きな拍手が送られました.各団体の模擬店が建ち並び、沢山の買い物客で賑わっていました.終盤近くには、遠雷があり,天候の急変が心配されましたが,取り越し苦労に終わり,フィナーレを迎えることができました 
  • 第27回野木町ひまわりフェスティバル(2018/07/31掲載) 
    7月27日(金)〜7月29日(日)(28日は台風12号により中止)に恒例のひまわりフェスティバルが開催されました.連日多くの方が来場され,大いに賑わっていました.今年はハイブリッドサンフラワーをはじめ8種類のひまわりが作付けされ,それぞれの趣のあるひまわりが楽しめました.ステージで催されたイベントには多くの人が釘付けになり,ひまわりのプレゼントコーナーは自分で剪定できるとあって,多くの人が並んでいました.
    festival
  • 第1回“エコ楽おもちゃ展”開催中(2018/07/30掲載) 
       
       
    12年間にわたるボランティア活動の中で作成してきた“手作りおもちゃ”の企画展が開催されています.昔あそびのおもちゃから現代風のおもちゃまで,今まで作成してきた200点の中から約100点が展示されています.小学生からシニア層までを幅広く簡単に楽しくできる手作りおもちゃです.紙工作・折り紙・飾り物.そして実際に着用できる段ボール甲冑まで多彩なジャンルのものが展示されています.懐かしいものもあり,子供時代を思い出しました.沢山の人に見て頂きたいです.2018/7/27(金)〜8/26(日)AM9:00〜PM4:00(最終日は12:00まで).会場:野木町ボランティア支援センターきらり館(展示館)月曜休館・入場無料. 
  • ひまわりフェスティバル開幕(2018/07/27掲載) 
       
       
     7月27日(金)第27回ひまわりフェスティバルが開幕しました.平日にもかかわらず,多くのお客様が来場し,結構混雑していました.鈴木杏奈ちゃんのライブには多くの人が聴き入っていました.残念ながら明日[7月28日(土)]は台風12号の影響で中止です.明後日[7月29日(日)]は実施します.是非足を運んでください.
  • ひまわりフェスティバル開幕へ(2018/07/26掲載) 
       
    明日(7月27日(金))から3日間野木第2中学校南側の会場で第27回ひまわりフェスティバルが開かれます.主要品種のハイブリッドサンフラワーが咲き誇っています.皆様是非足を運んでください.野木駅西口から無料シャトルバスが出ております. 
  • 第7回ホタル祭り(2018/06/11掲載) 
     上の画像をクリックすると大きくなります.なお,左の画像は40枚,右の画像は2枚合成したものです.
       
     6月9日(土),10日(日)にのぎ水辺の楽校で開催されました.当日300匹のゲンジボタルが放流されたこともあり,近年になく光の乱舞が見られ,見物人は声を上げ驚喜していました.ホタルが飛び始めるまでの間,ミキサーとパソコンで質の高い音質のBGMが流れ,また,オカリナの生演奏もあり,暇を持て余すこともありませんでした.ゲンジボタルは雌の方が雄よりも大きいそうです.

  • フクロウの彫刻が役場で皆様をお迎えしています(2018/06/05掲載) 
     
       
     4月7日(土)の野木町さくらまつりでパフォーマンスを見せたチェーンソーを用いて彫られたフクロウの彫刻が野木役場の玄関に鎮座しています.この彫刻は杉の木を用いて“チェンソーアート工房 ”ぼびいず” の舘野武志氏らにより制作されたもので,チェーンソーで削った荒々しさが残る中にも親しみを感じるフクロウです.是非一度見に来てください.
  • フラワーカーペットを空から見てみよう(2018/05/30掲載) 
    フラワーカーペットをドローンで撮影した映像は地上から見たフラワーカーペットとはひと味違った趣があり,精細に計画され,印刷されたポスターのように非常にきれいです.
          
  • 野木町は今麦秋のシーズン(2018/05/19掲載) 
       
       
       今,野木町は麦秋の季節を迎え,多くの場所が黄金色に輝いています.また,黄金色に実った麦の隣には田植えを終えた苗がすくすくと育ち,新緑に輝いており,黄金色とのコントラストが目を見張ります.日々慌ただしい中,一度じっくりと麦秋の中に身を置くと,気持ちにゆとりをもたらしてくれるでしょう.
          
  • マッセバラ園は今年もオープン(2018/05/18掲載) 
       
       
    5月18日(金)から3日間マッセバラ園がオープン.5月18日(金)はお天気も良く,夏のような暑さでした.平日だったので人も少なく,ゆっくり見れました.今年もたくさんのバラが咲き,お花を見ていると癒されます.野菜,パン,お弁当も販売していました.土曜、日曜日は演奏会もあります. 
          
  • むぎなでしこが満開(2018/05/10掲載) 
       
       
    野木神社の裏側の畑にむぎなでしこが咲き乱れています.古河市在住の小曽根さんが3年前より種まきから全てを管理して丹精込めて育てています.5月中旬まで楽しめるそうです.多くの人に見てもらいたいとおっしゃっていました. 
         
  • 野木フラワーカーペット2018無事閉幕(2018/05/03掲載) 
     ディストネーションキャンペーンに伴う一大イベントであるフラワーカーペットはディストネーションキャンペーン実行委員会の事前準備のおかげで無事終了.来場者数は4,6000人と大成功でした.それには陰で支えたボランティアの皆さん(左写真)に力が大きかったです.内容については動画を見てください.







  • 野木フラワーカーペット2018開幕(2018/04/28掲載) 
       
       
     4月28日(土)ボランティア200名により,プロローグとしてチューリップ12万本の花ばらしからフラワーカーペットへの仕上げを行い,その後,オープニングセレモニー並びに恋人の聖地のモニュメントの除幕式が行われ,フラワーカーペットが開幕しました(〜30日まで開催).ボランティアは老若男女が参加し,除幕式にはモニュメントのデザインを考案した小山北桜高校の女子高生も参加しました.
          
  • シルバー大学OBが野木町来訪(2018/04/15掲載) 
       
       
     4月11日(水)にシルバー大学OBの方々が野木町に来訪.満福寺,熊野神社,野木神社等に案内し,由来等について説明した.
  • 野木町の春(2018/04/15掲載) 
    野木町は春になると草花等が芽吹き,自然の美しさが際立ってきます.また,いろいろなイベントが催され,町全体が輝きが満ちてきます.これらのことを動画としてまとめてみました.
    野木町の春の息吹
          
  • 野木神社の春神楽(2018/04/09掲載) 
       
       
       
     毎年4月の第2日曜日に行われます.今年は4月8日(日)に行われました.12座の神楽が奉納され,このうち五行の舞は小学生の女子により舞われますので,人気があります.また,釣の舞は観衆が魚になり,釣り竿の餌に食いつき,演者と観衆の駆け引きが観衆の笑いを誘うコミカルな楽しい神楽です.
  • 第4回野木町さくらまつり(2018/04/08掲載) 

























    4月7日(土)心配された雨も上が,野木町総合運動公園野球場で"第4回野木町さくらまつり"が開かれました.異常気象のせいで例年は満開の桜も今年は葉桜になってしまいましたが,地域住民をはじめ,近隣からの家族連れでにぎわいをみせました.開会セレモニーのあと,ステージでは太極拳,熊手,フラダンスやよさこいといった多彩なイベント次々と披露された.さらに,熱気球の係留飛行,チェーンソーを使っての彫刻,渡良瀬遊水地ミニよしず作り体験があり,子供たちにはふわふわ遊具コーナーが人気を集めていた.また,多数のふれあい模擬店の出店,案内所には"招福のまち"野木スタンプラリーでスタンプポイントを集めて,豪華景品をGETしよう!と会場を巡る人で一杯でした.
  • 熊野神社のささら獅子舞(2018/04/07掲載) 



































    4月の第2土曜日(4月7日)に野渡地区の御仮屋前で地区の小学生によるささら獅子舞が披露された.通常は3匹の獅子が舞いますが,少子化の影響でしょうか(?)今年は一人でした.一人でもよどみなく長時間勇壮に舞い続けたことに多くの人が感動しました.舞終わった後,山車を先頭にお稚児さん,獅子舞,御神輿が地区内に練り歩いていきました(詳細は野木の祭りを参照).
  • 野木町の開花状況(2018/03/29掲載) 





















    気温も一気に上がり,野木町でも花々が一気に開花しています.3月28日現在,満福寺の桜,総合運動公園の桜はほぼ満開,野木神社の二輪草も咲き乱れています.若の原農村公園の芝桜は花が開き始め,4月中旬が見頃です.
  • "のぎめし” の試食会を実施(2018/03/28掲載) 













    3月26日(月)野木町商工会館でディストネーションキャンペーンに合わせ,ご当地グルメの "のぎめし" 試食会が開催されました."のぎめし" は煉瓦窯,遊水地をモチーフに野木町の農産物を使用して創作し,5店舗6品がそろいました.大変おいしい料理がそろいましたので,是非,皆様もご賞味下さい.スタンプラーリーも4月1日から開始します.
  • フラワーカーペットの制作体験(2018/03/28掲載) 
























    4月末DCキャンペーンで開催されるフラワーカ―ペットの制作に伴い,3月21日(水)に制作を事前に体験しました.当日は小雪の舞う中,コンシェルジュを含む20名が東京ガーデンテラス紀尾井町で開催されたワークショプに花ばらし,花ならべ,カーペットの制作まで全てを行いました.複数回参加した方たちが要領よく指導をしてくれ,4月28日(土)の本番に自信にもなり,大変役立ちました.参加して見ると大変楽しいもので,ぜひ多くの皆様が参加していただき花と参加者とのふれあいを楽しみ,共に達成感を味わいましょう.
  • マンガ(赤羽みちえ作)による野木町の紹介(2018/03/27掲載) 
       野木町観光大使の赤羽みちえ先生による読み切りマンガ(約50ページ)〜君の住む町ー栃木県野木町ー〜(秋田書店出版のフォアミセス)により野木町が紹介されました.煉瓦窯,ひまわりフェスティバル等の野木町の魅力が沢山紹介されていますので,是非ご覧ください.
  • ヨシ焼き(2018/03/27掲載) 


    3月17日(土)に渡良瀬遊水池において春を告げる風物詩になっているヨシ焼きが行われました.前日に雨が降っため,開催が危ぶまれましたが,予定通り開催され,多くの方々に日本最大級規模のヨシ焼きを楽しんでもらうことができました.



         
  • ツール・ド・とちぎ 2018野木路を疾走(2018/03/24掲載) 























    3月24日(土)にツール・ド・とちぎが小山をスタートし,ゴールの日光までの105kmで15チーム89名で行われました.初春のぽかぽか陽気の中,野木路を疾走していきました.沿道には沢山の老若男女が応援し,“きらり館”前では町長も応援し,地元のお囃子会が太鼓や笛で歓迎していました.普段感じることのないスピード感を味わった一瞬でした.
  • 観光コンシェルジュ始動開始(2018/03/22掲載) 
























    2016年から始まった野木町観光コンシェルジュ育成事業がようやく実を結び始めました.1期生が3月18日(日)に初めて案内したゲストは埼玉県在住の方々で,野木神社を中心に案内し,説明しました.2期生の講習も先日(3月13日)に終了し,観光コンシェルジュもますます充実していきます.

  • 第2期コンシェルジュ講座の第5回開催(2018/03/19掲載) 












    3月13日(火)に第2期生のぎ観光コンシェルジュ講座“第5回学習会”及 び閉講式が町公民館で行われました.当日は,野木町観光協会ホームページ部会の杉崎リーダーより,「野木観光協会ホームページから野木町の観光を知る」をテーマとするご講演をいただいたほか,“招福のまち・ふくろうを活かしたまちづくり”を題材としたワークショップを開催しました.また,閉講式では,小島会長よりのぎ観光コンシェルジュ講座修了書が交付され,新たに8名の方々がのぎ観光コンシェルジュとして活躍頂くこととなりました.
  • 第8回楽市”えんにち”開催(2018/03/19掲載) 
























    3月11日(日)野木駅西口ロータリー,富士見公園で仮装ウオーキングをメーンイベントとして開催された.当日は肌寒い中,多くの人が訪れ,模擬店,子供広場,体験コーナー等を楽しんでいました.
    特に仮装ウオークが会場に到着すると大きな拍手につつまれ園児の甲冑隊,児童の子供みこし,町長の白雪姫,きつねの嫁入り等老若男女130名が会場周辺を練り歩き,えんにちを盛り上げました.
  • 第23回手作りカントリーマーケット開催(2018/03/16掲載) 















    半年に一度の手作りカントリーマーケットも今回で23回を迎えました.当日(3月14日)は初夏のような陽気な一日でした.お目当ての物を探す人,お店の人との会話を楽しむ人,会場の雰囲気を楽しみながらいろいろな物を手に取る人等でホールの内外とも熱気に包まれていました.また,毎回,無料くじ引きがあり,当たりの人には,ほんの気持ちのプレゼントがありました.次回は9月19日(水)になります.お楽しみに!




  • 第11回公民館まつりが開催(2018/03/12掲載) 


    2月17日(土)・18日(日)の両日野木町公民館で公民館まつりが開催されました.寒い中多くの町民が訪れ,展示体験の水彩画やアクリルたわしつくり等,芸能体験のコーラスや津軽三味線等に興味津々.また,模擬店のもりそばやカレーライスを食べながら一日楽しく過ごしていました.






  • 第2期コンシェルジュ講座の第2回を開催(2018/03/06掲載) 

    1月23日(火)は大雪のため,延期になっていた第2回学習会が3月6日(火)に開催されました.野木神社の海老沼宮司から野木町の歴史「野木町の由来とは・・・」をテーマに,旧石器・縄文時代から現代までの歴史や野木町という町名の由来等について,貴重な資料をもとに説明していただきました.




  • 第2期コンシェルジュ講座の第4回を開催(2018/03/06掲載) 









    2月20日(火)にのぎ観光コンシェルジュ第4回学習会が開催され,小島会
    長から“野木町観光協会による観光振興施策の取り組み”,大日方産業課商工観光係長から“これからの野木町における観光行政”について説明していただきました.  

        
  • 第2期のぎ観光コンシェルジュ講座の第3回を開催(2018/02/07掲載)



    2月6日(火)に第2期生のぎ観光コンシェルジュ講座“第3回学習会”を町公民館 第4研修室にて開催いたしました.当日は,栃木県シニアセンターから講師にお招きし,iPadやスマートフォンを使った観光情報の発信,海外観光客向けのおもてなしの方法についての講義がありました.









  • おはなしクリスマスコンサート(2018/01/23掲載) 
       
      2月24日(日),丸林のウィンド・ベンにて,音楽と語りのライブコンサート“おとばなクリスマスコンサート〜風見鶏の下でメリークリスマス〜”が開催された.フルートの宇高杏那,クラシックギターの宇高靖人,語り手の和久田み晴の3氏のユニット“おとばな”によるコンサートが開催された.クリスマスをテーマにした芝居仕立てで“100万回生きたねこ”等の著名な作品の語りに併せ,オリジナルの楽曲を披露.聴衆は初めて体験する世界にすっかr魅了されていました.

ナビゲーション