本文へスキップ

野木町観光協会

電話でのお問い合わせはTEL.0280-57-4153

ようこそ、野木町観光協会のホームページへ

野木町観光協会では野木町の自然、歴史、文化についての情報をリアルタイムに発信しております。

お知らせ                                                                                   一覧お知らせ

  • 煉瓦窯夏フェスタ(2017/07/15掲載) new
    ひまわりフェスティバルと同時開催
    日時:7月28日(金)〜30日(日) 9:00〜17:00
    場所:野木町煉瓦窯・ホフマン館
    詳細はrenga summer fes_2017.pdf へのリンク
  • 第7回のぎの楽市”ビールまつり”(2017/07/11掲載) new
    日時:9月2日(土)16:00〜20:00
    場所:富士見公園
    詳細(ポスター)はrakuichi_7th.pdf へのリンク
  • 第26回ひまわりフェスティバル(2017/06/26追加掲載)
    日時:7月28日(金)〜30日(日) 9:00〜17:00
    場所:野木町野木地内(野木町立野木第二中学校南側)
    詳細はこちらをクリックしてください.  ポスターはhimawari_2017.pdf へのリンク
  • 祝!!野木神社の黒馬繋馬図絵馬が県指定有形文化財に指定(2017/04/29掲載) 
      町の指定の黒馬繋馬図絵馬が県指定有形文化財に指定されました.
      詳細はイベント情報及び歴史探訪を参照してください.

                                                                                  一覧お知らせ


  • ソラマチでのひまわりフェスティバルキャンペーン(2017/07/18掲載) new


















    野木町及び野木町観光協会では7月17日(月),東京スカイツリー・ソラマチ イーストヤード4Fにある“とちまるショップ”(栃木県のアンテナショップ)の一角にて,“第26回野木町ひまわりフェスティバル”(7月28日(金)〜7月30日(日))のキャンペーンを行ないました.とちまるショップご利用の方や通行中の方々にパンフレットを配布して,積極的にひまわりフェスティバルをアピールしました.今年のひまわりの生育も順調で,主催者側は準備万端整え,皆様のお出でをお待ちしております.
  • 恋人の聖地銘板授与式(2017/06/27掲載) new


    国指定重要文化財“野木町煉瓦窯”とラムサール条約登録湿地“渡良瀬遊水地”の第1調整池“谷中湖”が,“野木町煉瓦窯&ハート池”の名称でNPO法人地域活性化支援センターが主催する“恋人の聖地プロジェクト”において“恋人の聖地”に選ばれ,真瀬町長出席のもと5月31日に都内にて“恋人の聖地 銘板授与式”が行われました.




  • 第6回ホタル祭り(2017/06/14掲載) new
    第6回ホタル祭りがのぎ水辺の楽校応援倶楽部主催にて清水谷で6月10日〜11日に行われました.
    イベント・模擬店が14:00から始まり,今年から始まった町の送迎バス(野木駅−会場)にあわせて多くの来場者でにぎわっていました.地元の小学生・のぎ水辺の楽校応援倶楽部の方達が大切に育てたホタルが放流され,どんより当日は曇った月のない鑑賞には最高な夜,光を嫌うたくさんのホタルが闇夜に浮び上がる光の乱舞で,多くの人達が幻想的なひとときを満喫していました.動画にてホタル祭りの様子を楽しんで頂ければと思います.
    ホタル祭り動画
  • 恋人の聖地に選定(2017/05/22掲載) 
    NPO法人地域活性化支援センター(*)主催の”恋人の聖地プロジェクト”に”野木町煉瓦窯並びに損周辺地域”として応募し,恋人の聖地として選定された(代表として野木町煉瓦窯).申請地及びその理由付け(語呂合わせ)は以下の通りです.
     1.野木町煉瓦窯:堅牢な建物を見立て,二人の関係が長く  続く.
     2.谷中湖:恋人を射止めるハート型の湖
     3.思川と渡良瀬川の合流点:“思い”を“渡らせる”場所
     4.野木神社のフクロウ(毎年夫婦で子育てをしている)と二
       輪草(花言葉は友情,ずっと離れない)

     *地域活性化支援センター




     
  • マッセバラ園開園(2017/05/22掲載) 

    今年も5月19日(金)〜21日(日)の3日間野木町丸林の真瀬宅のお庭をマッセバラ園として一般に解放してくれ,多くの来場者で賑わっていました.色とりどりの数えきれない種類があり,暑い中,大勢の人たちが可憐なバラの美しさと甘い香りに酔いしれていました.バラは病気になりやすいのにここまで端正に育てられてることに感心している人が目立ちました.お花を見ると心が洗われる様で
    うれしいご褒美でした.
  • 野木町煉瓦窯1周年感謝祭(2017/05/21掲載) 
    リニューアル野木町煉瓦窯(1979年国指定の重要文化財)1周年感謝祭が5月20日(土)に実施された.
    1年が過ぎ来場者数も6万人越え煉瓦窯の見学者数2万6〜7千人に達しました.晴天の青空に歓迎のシャボン玉が舞い,県内外から約1,000人が訪れ,この内350人煉瓦窯見学ツアーに参加し,その他イベントへの参加や模擬店での買い物を楽しむ人たちで終日賑わっていました.会場の雰囲気は下のスライドショーで味わってください.

  • 駅からハイキング(JR東日本主催)”招福のまち野木めぐり”(2017/05/21掲載) 


    “本物の出会い栃木”プレデスティネーションキャンペーンの一環として,2017年5月19日(金)から21日(日)までの3日間,宇都宮線野木駅を起点駅する“招福のまち野木めぐり〜歴史と自然満喫コース〜”の駅からハイキングが実施されました.県内外から大勢の“駅からハイキングファン”が受付で登録を済まし,新緑がまぶしい野木町の自然と歴史を満喫するため,目的地に足早に向かっていきました.21日(日)には野木神社では近隣の自治会の方の好意で豚汁が振る舞われ,境内のベンチに腰掛け,
    豚汁に舌鼓を打ちながら食べていました.そして,境内は巣立ちするフクロウを撮影するカメラマンと相まって,大変賑わっていました.町中ではこの3日間ハイキング参加者と一目でわかるハイカーで賑わっていました.野木町では,常日頃,観光協会等と協力し,観光の案内や野木町のアピールを積極的に行っています.

copyright©2016  all rights reserved.