本文へスキップ

野木町観光協会

電話でのお問い合わせはTEL.0280-57-4153

ようこそ、野木町観光協会のホームページへ

野木町観光協会では野木町の自然、歴史、文化についての情報をリアルタイムに発信しております。

ゆるキャラグランプリでのぎのんに投票しよう

お知らせ                                                                                   一覧お知らせ

  • 野木町観光協会会員の募集(2017/08/30掲載) new
    観光事業に興味や関心,応援したいという会員を募集しています(詳細は広報野木9月号を参照).
    問い合わせ:野木町観光協会(町産業課内) 0280-57-4153
  • 祝!!野木神社の黒馬繋馬図絵馬が県指定有形文化財に指定(2017/04/29掲載) 
      町の指定の黒馬繋馬図絵馬が県指定有形文化財に指定されました.
      詳細はイベント情報及び歴史探訪を参照してください.

                                                                                  一覧お知らせ

  • 第22回カントリーマーケット(2017/09/23掲載) new























    半年に一度開催されている“手作りカントリーマーケット”も今回で22回目を迎えました. 
    この日(9月20日)は涼しい一日でしたが,会場に入るとびっくりするほど熱気に包まれていました.お目当てのものを探す人,会場の雰囲気を楽しみながら,いろいろの出展物を手に取る人,衝動買いをする人等,それぞれ楽しんでいました.また,毎回,無料くじ引きを楽しみにしていますが,今回もポケットティッシュでしたと友人同士で笑顔で話し合う人等で終日賑わっていました.ちなみに当たりはお菓子です.次回は来年3月14日(水)になります.是非、覗いてみて下さい.
  • コンシェルジュと一緒に町めぐり(2017/09/15掲載) new
























    9月13日(水)午前9時より,コンシェルジュと参加者によるサイクリングによる町めぐり(サイクリングで野木をもっと知ろう!!)が行われました.久しぶりの澄み切った青空の下,きらり館を出発!“松原大橋頂上からの壮大な景色”,“思川浄水場”.普段接することのないところを見学し,水の大切さを知りました.浄水場に隣接する自然豊かな,“水辺の楽校”.荘厳さを感じた工業遺産の“野木町煉瓦窯”,歴史ある“野木神社”.江戸時代の宿場町の賑やかさを感じる“野木宿”や“野木一里塚”.ひまわりフェスティバルの跡地では広大な農地に“強者どもの夢の後”を感じ,また来年の開催に夢を馳せました.通行したサイクリングロードは,誰も知らないような裏道.自然に囲まれ,マイナスイオンをたっぷり浴びながら,気分もすっきり,心も晴れやかに,走ることができました.各場所では野木町観光コンシェルジュが説明を行った.野木町においてこのような試みは初めてでしたが,これからも研鑽を重ね,より魅力的な企画とともに野木町を発信するように心がけていきます.
  • 「えんにち」のビールまつり開催(2017/09/06掲載) new























    今年で3年目となるビールまつり(第7回のぎの楽市「えんにち」)が9月2日,駅西口富士見公園で開かれ,多くの来場者で賑わいました.台風の心配もありましたが,開始時には天候も回復し,ステージの大道芸や音楽演奏を堪能しながらビールと模擬店のおつまみを頬張り,去りゆく夏を楽しんでいました.ビールまつりも3回目で認知度も上がり,家族づれも多く会場はファミリーの雰囲気で大いに盛り上がりました.
  • 第8回野木町ふれあい夏祭り(2017/08/28掲載) 























    8月26日(土)公民会前駐車場で「野木町ふれあい夏祭り」が“つなぐ文化”・“ふれあう心”・“支え合う力”のスローガンの下に開催されました.開始時には日中の暑さも和らぎ,絶好の“祭り日和”となり,賑やかな太鼓の音に導かれるように大勢の方々が集まり始め,町長挨拶を皮切りに,中学生によるブラスバンド,郷土芸能保存会の老若男女によるお囃子,よさこい踊り,津軽三味線等の盛りだくさんの催しに足を止めて見入っていました.また,会場を取り囲んだ各種団体のテントでは,飲食物を買い求める人,子供向けゲームコーナーで大はしゃぎをする子供たち声等で終宴まで響き渡り,賑わっていました.
  • 第26回野木町ひまわりフェスティバル(2017/07/31掲載) 
    7月28日〜30日に野木町恒例のひまわりフェスティバルが開催されました.昨年の25年目を区切りとし,今年は新たな気持ちでより魅力的なフェスタを心がけて運営されました.ひまわりはハイブリッドサンフラワー及びキッズスマイルを中心として約10種類のひまわりが夏空を彩っていました.来場者はひまわりに見とれ,途切れることのないイベントを鑑賞し,模擬店にお目当てのものを買い求めたりと大いに賑わっていました.また,ひまわりサミットで連携している上三川町並びに益子町のゆるキャラも駆けつけてくれ,盛り上がりに一役買ってくれました.

    ひまわりフェスティバル
  • 煉瓦窯夏フェスタ ”祥子 日光街道宿場ライブ” (2017/07/29掲載) 


    煉瓦窯夏フェスタ(2017.07.28〜30)のメインイベントである“祥子 日光街道 宿場ライブ”が29日開催.日光観光大使である祥子さんが日光街道の宿場町ごとに開いているライブで,日光街道の出発地である日本橋を皮切りに行い,野木町が日光街道のちょうど半分の10番目の宿場町で,11番目の開催です.マーク・イーストさんのウエスタンギターと本人の鍵盤ハーモニカの演奏で,宿場ライブのテーマソング“日本橋から・・・あの町へ”のオープニングから,祥子さん持ち歌の“湖上の舞”,“恋の神橋”をはじめ,今の季節にふさわしい夏やひまわりをモチーフにした歌などを歌い,大変盛り上がったコンサートでした.最後の日光まで頑張ってください.

copyright©2016  all rights reserved.